スターサウンズ「天国は地上にあり」アップしました!

こちらから読む&お聞きくださいね!


今回は今までになく、動的なスターサウンズであると思います。

Keikoさんとやりとりしている際にも「スターサウンズって今まで悲しげで静かなイメージでしたよね」というような話になりました😅

確かに今回は、新境地と言っても良いかなと思います✨


メッセージ主もあの「アシュタール」

スピ界隈では結構有名人ではないかな?と思います。

私は降ろす前はそんなによく知らなかったのですが、今回Keikoさんと話しあって、ちょっとだけ事前情報を入れてから降ろしました。

長い期間取り組んでいたせいか、すっかり堂々たるアシュタールのファンになってしまいました笑

新生スターサウンズ、目と耳とハートで楽しんでいただけたら嬉しいです💓


お知らせの際に、メッセージを降ろしたのは1月中旬と書いたのですが、

1月中旬の段階で受け取ったビジョンの中に「火山」があった事が印象に残っています。


なぜこんなビジョンが来るのか?

そのまま受け取れば「噴火」とかでもありますが、もっと広くとらえてみると

蓄積されたエネルギーの爆発、というようにも取れますよね。

個人的には癒されていないエネルギーが噴出している、というような印象も受けました。

あとは火星なのかな?とかも思ったりで

世の中は今、火星のキーワードが当てはまるような状態になっていますよね😢


いままでのメッセージを振り返ってみても、そもそも去年の春分にアップした「水の星、記憶の星」からスタートして、どのスターピープルや天使、女神、マスターたちも

一貫して「癒しが必要」というのがテーマだったと思うのです。


個人的な事ですが、今大河ドラマの「鎌倉殿の13人」と、アニメ「平家物語」を並行してみています。

平家に関しては、私の出身地が香川県で源平合戦の舞台となっていることもあり、数年前は史跡を辿っていた時期もありました。

→「香川 源平合戦史跡巡り その① 鞍掛の松

その⑧までありますので、ご興味ある方は読んでみてくださいね😉


いつの時代、どの争いでも

常に負けた方の恨みつらみは癒されず大きくなり、また数十年経つと違う「正義」にとって変わる。。

これでは確かに根本的な解決にはならないよね~と、思います。


そして今、Wingmakerの資料「ハートの美徳の実践」を読んでいます。

ハートの美徳の実践とは、ものすごく簡単に言いますと、心を「感謝・同情・寛容・共感・理解・勇気」の6つの循環で満たすことです。

ハワイのホオポノポノとも少し似ていますね。


この資料によると、人間の感情は地球の磁場に影響しているとされていまして、

あの2001年に起きた9.11の後、地球の地磁気は急上昇したのだそうです。

逆に考えれば、感情を整えたら地磁気も穏やかになり、地球にも優しい世界になる…という事ですよね。

この資料は2007年に書かれたものですが、おそらく3.11の後も地磁気はすごく上がったのだろうなと思います😢


この資料を読んでいてはっとした箇所がありまして、

「頭で理解するのは簡単。でもスーパーで横入された時に、あなたの感情はこの美徳を保っていられるか」というような事です。

これを理解することが「感情のマスタリー」という事のようです。


うんうん、確かに。。。ムキーっとなりそうなシチュエーションで、いかにハートの美徳を保てるのか。。

感情のマスターとはなかなか大変だなあともおもいますが、

どんなに感情が揺さぶられる状況でも、心を良い状態に保っておける(言い換えれば闇落ちしても、戻ってこれるよう状態を保っておく事=アベレージを高く保つ事かなと思います)ように鍛えることは、

内なる平和、そして地上の天国への第1歩であると思います。


全ては共鳴し合っていますから

穏やかに、優しい世界になると良いな~と思います🌍



0件のコメント

最新記事

すべて表示