• Beeruca

シリウス

プリズム・オブ・リラ 銀河系宇宙種族の起源を求めて」より引用

1992年8月20日 初版第一刷発行

著者:リサ・ロイヤル、キース・プリースト  翻訳:星名一美

(株)星雲社

 

シリウスでは統合のモデルにしたがい、統合への道が長いあいだ模索された。

ここには多様な意識形態が存在している。


琴座のプリズムを通過した好奇心あふれる意識が「創造の礎たち」となり、それがさらに分裂することによって誕生した意識たちが、最初に探索を試みた領域の一つがシリウスである。


この星は、すべての銀河系宇宙一族にとって非常に重要な意味を持つ。

なぜなら、それは「三角形のモデル」の象徴であるからだ。


地球の天文学では、いまだに確認されていないが、シリウスは実は三つの恒星からなり、この三恒星が陰と陽の両極とその統合を意味する三角形を象徴している。

つまりシリウスは、両極の融和による再統合を目指す、銀河系宇宙一族の根源的な願いを象徴している。


分裂の後、非物質的な状態にとどまることを選択した意識たちの多くがシリウスに集まった。

ここでこれらの意識たちは、やがて展開されるドラマの中で重要な役割を演じることになる後のシリウス文明の下地を、物質的および非物質的な両レベルにおいて築き始めた。 


シリウスに集まったこれらの意識たちは、「創造の礎たち」の足跡を見習い、遺伝子工学と、エーテルのレベルにおけるエネルギー操作の先駆者となった。


琴座とべガとが争っていた時代、双方を代表する者たちがシリウスでの両文明の統一を目指して、ここに入植した。

「シリウスの長老たち」は、その領域に陰と陽の両極のエネルギーを大量に注ぎ込む態勢を整えた。

というのも、「シリウスの長老たち」は来たるべきドラマの展開を明確に悟っていたからである。


ついに両者の間で長い戦いの歴史が始まった。

ポジティブ指向の意識たちは、ネガティブ指向の存在たちの潜在意識と無意識に、膨大な量の愛と癒しのエネルギーを注ぎ込んだ。

ネガティブ指向に偏った存在たちの意識は、極端に物質的なレベルに集中していたため、彼らにとってこれは大変な心理的苦痛となった。


ネガティブ指向の存在たちが抵抗すればするほど、ポジティブ指向の意識たちは、彼らに向けて、一層、癒しのエネルギーを注ぎ込んだ。

この両者の間の確執は、シリウス系の意識全体にとって大きな災いとなり、ついに「シリウスの長老たち」が介入することになった。


長老たちは紛争をいったん別の場所に移し、両極間の相克を多少緩和することで新たな統合を目指そうと決めた。

そして長老たちはこの「紛争」の解決の場を探し求め、すぐに、現在オリオン座として知られる電磁的特性のある領域を見いだした。


シリウス、すなわち「犬星」が、「狩人の星」であるオリオンの行く先を導いたという神話の起源はここにある。


肉体を持つ宇宙人、あるいは元型的なエネルギーの別を問わず、シリウスの意識は地球と深くかかわっている。

その知恵は豊饒で、新たな挑戦に満ちている。


シリウスそのものが、陰と陽の統合を表す三角形を象徴していることを、私たちは常に思い起こす必要がある。

なぜなら、地球がたどる運命も、まさにこの象徴性の中に秘められているからである。

 

シリウスからのライトランゲージ・メッセージをライトランゲージユニット「Starsounds」ブログへアップしています。

よろしければお聴きください。リンク先では翻訳もお読みいただけます。


Starsounds / 水の星、記憶の星

※スマートフォンでの再生は「listen in browser」をタップしてください


各スターピープル達の特徴へ戻る

0件のコメント

最新記事

すべて表示