Keikoさんのスピリチュアルヒーリングと、魂のルーツを辿る旅

昨日、Starsoundsの翻訳をしてくださっているKeikoさん主催の瞑想会に参加しました。

Keikoさんといえば天使👼のイメージが強かったのですが、昨日は霊界からそれぞれの人に必要なヒーリングをするという、これまでとは違う、イギリスのスピリチュアリズムに基づいた瞑想会でした🇬🇧


まず最初は、マインドフルネス瞑想からスタートしました。


諄いようですが(笑)Keikoさんと言えば「純白の光の天使」からのスタートが印象づいていましたし、私自身もKeikoチルドレンであることから、自分自身で瞑想をするときには純白の光の天使を呼んでの瞑想が板についていましたので、そのKeikoさんの誘導でマインドフルネス瞑想はとっても新鮮でした!


マインドフルネス瞑想はヨガの合間にもちょこっとやりますし、以前に使っていた瞑想アプリでもやっていたのですが、大体やっても15分とかですし、あとアプリはやりながら寝てしまったり笑😅


ですが昨日の瞑想会では30分かけて誘導してもらいながら行いましたので、心身共にすっかりリラックスできました✨


その後に霊界からのヒーリングがあったのですが、私のところにきてくださったのは「桔梗の前」さんでした。


桔梗の前って?という方の方が、多分多いとおもいます。


以前の私の個人ブログにはしっかり書いてあるのですが、そこから転記しておきますね。



「桔梗の前は平将門公の愛妾でありましたが、実は朝廷側の間者・今風に言うとスパイで、将門公討伐の際に弱点を朝廷側に知らせたために、将門公は討たれたと言われています。


なので土地の人から桔梗の前は恨まれ、このあたりの土地に桔梗の花は植えてはいけない、植えても咲かない、というふうに言い継がれてきたのだとか」


よろしければ旧ブログも併せて読んでいただけましたら嬉しいです。

→「将門口ノ宮神社、桔梗塚




GW中に、8年ぶりにこちらの場所を訪れました✨


桔梗の前さんはもうすでに浄化されており、

この場所のエネルギーもとっても良かったです。


私のところにきてくださった時は、黒く長い髪にクリーム色と薄いピンクのちょっと光沢のある巫女装束を着ておられて、神楽鈴を使ってヒーリングをしてくださいました。



以前訪れた時にも私が感じた事・・

桔梗の前さんの伝承(将門公を裏切ったという話)は私の感覚では真実とは違っていて、彼女は秘密を守って犠牲になったように思います😢


もう今は、そこにこだわってはいらっしゃらないですけどね。


そして2回目の瞑想とヒーリングの際に現れたのは、なんと「天御中主神」でした。


天御中主神様は、真っ白な光に包まれるようなイメージで…

人の姿ではなく、ただひたすら大きな白い光でした。


とても心地よくて「あなたは誰ですか」と心で問いかけましたら「アメノミナカヌシノカミ」と、カタカナで一言パッと来ました。


実はこちらも後で調べてわかったのですが…

なぜ天御中主神様だったかというと、今回の桔梗塚への参拝の後、すぐ近くに麻賀多神社がありましたので寄ったんです。


麻賀多神社は、千葉県になんと11社もあるそうなのですが、他の県にはおそらくないのではないでしょうか?

麻賀多神社は、あの「ひふみ神示」が降りた神社としても有名ですね。


※以前に、そのひふみ神示が降りたと言われる麻賀多神社へ行った時の記事

→「麻賀多神社 」(旧ブログ)


そして今回訪れた麻賀多神社の中には、ちょっと気になる小さなお社がありました。


写真は木でちょうど見えないのですが、「妙見社」と書かれていました。


天御中主神様は、妙見信仰とも関係があるようで、きてくれたのは数日前にここで祈りを捧げたからだな、と分かりました✨

妙見は、北極星なんですね。


桔梗の前さんの塚も、こちらの神社も誰もいなかったので(笑)その場でライトランゲージを降ろして録音しました。


桔梗前さんの方は、人間出身なのでメッセージの解読もしやすかったですが、こちらの妙見社でのメッセージはもうちょっと時間をかけて聞き返さないと、正直難しいです💦

天の神様ですからね、、


ですが今回のヒーリングに現れてくださった事で、より翻訳しやすくなったかなと思います。


少し長くなったのですが、また機会があれば私自身の魂のルーツを辿る旅のことも書いていきたいと思います🌟


0件のコメント

最新記事

すべて表示