• Beeruca

琴座(リラ)

更新日:6 日前

プリズム・オブ・リラ 銀河系宇宙種族の起源を求めて」より引用

1992年8月20日 初版第一刷発行

著者:リサ・ロイヤル、キース・プリースト  翻訳:星名一美

(株)星雲社

 

人間型生命体が「誕生」した領域。

銀河系宇宙一族に属す人間型生命体は、すべてこの琴座で生まれた種族と遺伝的なつながりを持っている。

その名の通り、琴座は、人類の歌を奏でる象徴的な竪琴なのである。


「創造の礎たち」はさらなる分裂を進めるため、次の行動に着手した。

まず彼らが行ったのは、琴座全体に人間型生命体を分散する計画を立てることだった。


新たに誕生する人間型生命体の揺籃(ようらん)の地として、複数の惑星が琴座の中から選ばれた。

これらの惑星において霊長類が自然発生した段階で、「創造の礎たち」は、霊長類のDNA構造の内部に、プラズマ・エネルギーによって種付け作業を開始した。

DNA

この作業は、霊長類が三次元の意識体の媒体としてふさわしい遺伝子を持つようになるまで、何世代にもわたって続けられた。

こうして、複数の惑星において高度な人間型生命体が生まれるための下地がつくられていった。


複数の惑星上において肉体に宿るべき意識をつくるために、「創造の礎たち」はさらに自己分裂を行った。

こうして生まれた個々の意識たちは、それぞれの周波数に合った惑星へと引き寄せられていった。


planet

それぞれの惑星文明が進化して、宇宙旅行の技術を持つようになると、今度は近隣惑星間の交流が始まった。

これにより、文化交流や新思潮が誕生した。

惑星間の文化交流の活発化により、琴座の惑星文明は、技術、思想、社会面で急速な発展を遂げ、この段階で、先に述べた二極の力学が徐々に現れるようになってきた。


それぞれの極の中でも二極化現象が発生した。

すなわち、それぞれの極の中で果てしなく続く、陰と陽の分裂が起こるようになったのである。


これにより、女性原理が自己の内なる男性原理を表出し、他方同じように、男性原理が内なる女性原理を表出する現象が起きた。

こうした爆発的な二極分裂は、それまで繁栄していた惑星文明をウイルスのように侵し始めた。

 

リラからのライトランゲージ・メッセージをライトランゲージユニット「Starsounds」ブログへアップしています。

よろしければお聴きください。リンク先では翻訳もお読みいただけます。


Starsounds / 懐かしい声、あなたのふるさと

※スマートフォンでの再生は「listen in browser」をタップしてください


各スターピープル達の特徴へ戻る



0件のコメント

最新記事

すべて表示

ベガ